セット


初回お試し宅配セット


単品干物

霜降りあじ
寒さば(汐・みりん)
対馬あじ(汐・みりん)
水カレイ
いか一夜干し
のどぐろ
連子鯛
ふぐ一夜干し
かます

※魚の大きさにより、価格・枚数が異なる場合があります。また、季節により商品が変わります。ご了承ください。

干物にもう一品!


○その他のじじやの珍味


カートの中を見る


お支払い方法
・クレジットカード
※ご注文完了後、クロネコ@ペイメントの画面にて手続き。

・郵便振込
※商品到着後、振込用紙にてお支払い。
※手数料は当店負担。

・銀行振込
※商品到着後お支払い。
※手数料はお客様負担。

・代金引換
<ヤマト運輸コレクト便>
※代引手数料・300円はお客様負担。但し、商品代金3500円以上の場合は当店負担。

※初めてご注文をいただくお客様は、大変申し訳ございませんが、クレジット払い・代金引換をお願いさせていただいております。
次回からお振込みもお選びいただけますのでどうぞよろしくお願いいたします。


配送について
できたてを真空パックにし、急速冷凍で発送いたします。
クール便でのお届けです。
返品について
商品完全保証
お客様の理由いかんにかかわらず、返品・交換・返金に応じます。
ただし、完全なお客様の間違いの場合、通常宅配便送料をご負担下さい。
送料について
・北海道
→\2,000(\2,210)
・東北
→\1,580(\1,790)
・関東・信越
→\1,370(\1,580)
・北陸・中部
→\1,160(\1,370)
・関西・四国
→\1,050(\1,260)
・中国・九州
→\950(\1,160)
・沖縄
→\1,370(\1,890)

※お荷物の量により()内の料金をいただく場合があります。

※クール料金を含みます。

別途、振込手数料および代金引換手数料がかかります。
プライバシーの保護
お取引・お問い合わせ等で知りえたお客様の個人情報の全てを第三者に譲渡・利用する事は一切ありません。
お支払・送料に
ついて詳しくはこちら

お問い合わせ・ご感想・ご質問など、何でもどうぞ!
電話で!
0120-159-889
(「一刻も早く」とかけてください!)

※通話料無料!フリーダイヤル(9:00〜17:00受付)
ファックスで!
093-341-2964
※24時間受付ファックス
メールで!
ganbare@jijiya.com
ホームページから
お問い合わせのページへ



この干物を食べたら、
よその干物が食えなくなる・・・


はじめまして!
「門司港じじや」
店主のじじや太助と申します。

世の中に、日本一の干物屋は、限りなくあります。私の店「門司港じじや」も、その一つでしかありません。

しかし、やっぱり誇れるものが一つある。それは、「じじら〜」と呼ばれる信者のようなお客様です。

素材を活かした自然の味を伝えます。リメンバー、日本の味!

じじやのご案内

私達は、決して売れば良いと言う姿勢で商売はしておりません。

じじやは、本質的に物造りの店です。職人集団です。

素材の味が活き活きとしていて
「昔の味がするー!」と喜んでもらえるような、そして、どんどん食べてもらえて、決して冷蔵庫の不良在庫にならないような、
じじや流「めちゃくちゃおいしい」食べ物が作りたいのです。

焼くだけじゃない!
★★★じじやスタッフレシピ★★★












じじやの干物ができるまで

あらゆる年代層、
地域に関わらず
増殖する「じじら〜」の実態とは?

『論より証拠!』まずは、
お客様の声をお読みください。

「じじら〜」の皆様のお声

お客様のお声入力フォーム
じじやでは、「商品完全保証」を、させていただいております。

『お客様の理由いかんにかかわらず、返品・交換・返金に応じます』

「干物がまずかった。」
でもかまいません。

これは、干物を製造直売するものとしての自信であり、また、責任であると思っております。

他の会社によくある、「生ものにつき、返品はご容赦下さい」なんてことは言ってられません。

(ただし、完全なお客様の間違いの場合は、通常宅配便送料をご負担下さい)

じじやのお店はこちらです。
楽しいお店に遊びに来てね!

じじやの店頭はいつも大混雑!
●じじや 白野江工房
●門司港店
●小原市場店

じじやの店舗紹介

お問い合わせ

門司港じじや 白野江工房
〒801-0802
福岡県北九州市
門司区白野江2-12-25
TEL:093-341-2671
(9:00〜17:00)※日・祝休み


※お知らせ NEW お中元用セット 追加しました!




「霜降りあじをお待ちのお客様へ」


お 待 た せ し ま し た !!
霜降りあじ、入荷しました★★

単品はこちら!

セットはこちら!

詳しくは商品ページをご覧ください!
     
じじやスタッフ一同


じじやでは、産地ブランドより、おいしさを優先します!
「え?じじやは外国産の魚を使ってるの?」 始めは
そう言われました。しかし、実際に食べてみると・・・

※ご注文をされる前に、ぜひお読みください。※

もし、この手紙を読むことで、売れなくなったとしても
あなた様に知っておいてほしいこと。

じじやの干物で外国産原料を使う場合について
じじやは、関門海峡の干物屋。

そういうイメージから、「じじやの干物」が、すべて北九州近海物の魚で干物を作ってると思っていらっしゃる方が、多いのではないでしょうか?しかし、実際には、近海物だけではなく、外国物を使う場合もあります。


もちろん、国内でも有数の水揚げ高を誇る「福岡」「下関」の漁港が近くにあり、手繰り船ものや巻網船などが獲ってくる魚の種類では決して他の干物屋さんには負けないじじやですので、玄界灘をはじめ近海鮮魚の干物を中心に干物を製造しています。しかし、国内での漁獲量が減少することもあり、すべての魚種を近海ものでまかなうことが難しい状況が発生することもしばしばあります。ですので、魚種によっては、俗にいう「外国物」を使っている場合があります。

しかし、私どもじじやが今まで販売し、また実際に私自身が食べた経験から言うと、外国物のほうが味のいい物が、多くある場合があります。例えば「霜降りあじ」「寒さば」は多くのお客様においしいというお声をいただいております。

それは、干物が単に漁獲場所だけではなく、脂のりや製造方法などにおいしさが大きく影響することの証明なのです。また、お客様が、ご家庭で食べるのに適したものであるとか、贈りものに使われるなどの理由によっても、評価が分かれます。

干物以外の魚を見ても、インド洋の本マグロ、カナダ産の数の子のように、外国産のほうがおいしいものも多く存在いたします。

じじやでは、伝統ある関門地区で培われた干物の製法をしっかりと守りながら、どなたもがおいしいと言ってくださるような、干物を作りたいと思っています。

きっと、「じじや=関門の魚」というイメージでご注文されたり、贈り物に使われますと、幻滅することがおありだと思いますので、じじやでは、ご注文の際に必ず「魚種、産地」の確認をさせていただきます。そのとき、どうしても「国産」にこだわりたいお方は、ぜひ、ご遠慮なくお申し付けください。

じじやでできる限りで、国産物をご用意させていただきます。ただ、その時の旬や相場などで、価格、おいしさが不安定であることをご理解ください。また、どうしても仕入れができない時は、ご容赦ください。しかし、外国物であろうとも、私の見立てで「これはおいしくない」と思うものは、製造いたしません。

現在の、カタログやこのホームページの産地表示は、常に変化があるため更新が間に合わず、表示されてないものが多数ございます。

ぜひ、ご注文時に、お電話での確認に、ご協力いただけますように、お願い申し上げます。

じじや店主 
二代目 じじや太助

追伸 おいしさで 一番熟練を要するのが、ほどよい塩加減です。じじや干物の味付けは、私どもじじや伝統の「塩汁」で、味付けております。干物のおいしさは、この「塩味」の漬け方によって決まるというのが、私の考え方です。ぜひ他の干物屋さんといろいろとご比較いただき、それぞれのお店の味わいの違いをお楽しみください。

まずは、じじやの干物から♪

今すぐ、どうぞ!



※じじやの干物のの味を知っていただくためのお試しセットです。
ぜひぜひぜひ!物は試しで食べてみてください!
きっとはまること間違いないです♪

お子様も大喜び
たくさん食べて、
元気いっぱいだ!


その秘密は、創業以来使いつづける「塩汁(しょしる)」にあり。
塩汁とは、お魚を漬ける塩水のことです。お漬物の「ぬか床」のようなものです。

関門ならではの新鮮な魚と、じじや伝統の塩汁でつくった干物で、ご飯もお酒も、どんどんすすみます!

(※ただ、漁の模様により、どうしても外国で獲れた魚で間に合わせないといけない場合があります。申し訳ないのですが、ご注文の際に、ご確認をください)


★品の良い風味がたまりません!

先日は、大変おいしい干物を送っていただき、ありがとうございました。甘塩のため、魚本来の旨味があり、酢の物にも使用できます。(サッと焼いて)また、骨が非常に柔らかく、パリパリと食べてしまいました。昔のやり方で心をこめて作り上げられたものは、おいしさが格別です。品の良い風味がたまりません。こちらにない魚肉厚といいますか、身のしまった「もちアジ」みんないいお味でした。これからも益々おいしい干物作って下さい。
(神奈川県 北村様)
★生臭みもなく、ソフトな深い味わい!

今まで、アジの開きといえば、特に脂の乗ったものを好んで食しておりました。貴社の開きは、アッサリしながら生臭みがまったく気にならず、ソフトで深い味わい。少し醤油をたらしていただくと、控え目な塩分のおかげで、格別の美味しさでした。やはり、これは素材の良さと、丁寧な仕事が活きた「普段の贅沢」だと、つくづく感じさせていただきました。(岡山県 林様)
他にも「じじら〜」の皆様のありがたいお声をたくさんいただいています!




粒うに \2,160(税込)
生うに \2,160(税込)
うに(粒うに・生うに)

このうにじゃないといけない!
というお客様急増中!

こっこっこれがウニかぁ!!なんて味だ。たまらんばい。あっという間に無くなった。もっと欲しか!!(東京都 久間様)

さば・いわし・さば
各\1,080(税込)
セット \2,484(税込)
がんこ婆さんのぬかだき

一度食べたらやめられない!
福岡県・小倉名物ぬかだき

おいしいを越え、うまい!!に尽きる。ご飯にも焼酎にもマッチ。病み付きになりました。これからもよろしく。
(福岡県 岩水様)
太助のおすすめ
保存版「ひものの贈り物カタログ」


お中元・贈り物にどうぞ!
じじや店頭で人気のある商品を厳選して掲載。

カタログの請求はこちらから

ところで、「じじや」の“じじ”ってなんのこと?

もともと、北九州ではお魚のことを「じじ」と言っていました。
太助も子供の頃から、母親に「じじ食べり、じじ食べり」と魚を食べさせられていました。

そこで、赤ちゃんからお年寄り(爺)まで魚を懐かしがって食べていただきたいと「じじや」と名づけられたのです。
バナナマンのいるところに笑いあり
門司港名物バナナマン
じじや店長のもう一つの姿!

銅像にもなりました。(写真左が銅像)

「愛と正義の使者」バナナマンは、バナナの叩き売りの発祥の地、門司港に生息しています。

バナナマンは、憂う日本を救うため、日夜戦っています。
バナナマンが
書籍に紹介されました
その他マスコミ登場もあり!


このページのトップへ
ホームページ制作会社ジェイグルーブ
Copyright(c) 2001-2006 JIJIYA All Rights Reserved.